ドイツで自家製うどん

未分類food, うどん

相変わらず全て閉店の日曜日。

そんな日曜日に当初は息子をニュルンベルクの鉄道博物館に連れて行くことを考えていたが、本人が風邪気味ということで計画が頓挫。。。しかも帰りにニュルンベルクのステーキハウスで久しぶりに肉をガッツリ食うことも考えてたので晩飯の計画までも影響されることに!。

そうなると意外に困るのが何を食うのか。ホントこのドイツの田舎ではレストランが限られており、いつも週末は大変なんですわw。

で、妻に何を食べたいか聞いたら、うどんとのこと!
実は1年近く前にも自家製うどんを作ったのがだが、ずぼらなrakeemに二回目はなかなか訪れなかった。ただ、今回は妻の要望ということもあり、久しぶりに重い腰を上げてみた!

参考にしたサイトは、全開と同じこちら。
しの的エッセンinドイツ 手打ちうどん と タレ2種

ではどんな感じだったか見てみよー

小麦粉のタイプは550。

小麦粉のタイプは550。

大人2人、幼児1人の合計3人で、今回は小麦粉400g、塩20g、水190ccをまぜまぜしました。

大人2人、幼児1人の合計3人で、今回は小麦粉400g、塩20g、水190ccをまぜまぜしました。

本当にこれでいいのか、、、と自問自答しながらもこねていくと、意外とまとまっていきます

本当にこれでいいのか、、、と自問自答しながらもこねていくと、意外とまとまっていきます

ある程度まとまたら踏む準備。ラップとジップロックで二重にした。気づいたらやぶけているので、きちんと見ておかないと危険ですわw

ある程度まとまたら踏む準備。ラップとジップロックで二重にした。気づいたらやぶけているので、きちんと見ておかないと危険ですわw

適当に20分踏んだら、常温で1時間ほど放置。最後に20分ほどまた踏む。

適当に20分踏んだら、常温で1時間ほど放置。最後に20分ほどまた踏む。

で、切るところは写真を撮り忘れたので、きった後はこんな感じ。完全に二郎にしか見えないw。

で、切るところは写真を撮り忘れたので、きった後はこんな感じ。完全に二郎にしか見えないw。

15分ほどゆでた後に、冷水で〆て出来上がり!

15分ほどゆでた後に、冷水で〆て出来上がり!

汁は妻につくってもらいました。白だしベースでこれが激ウマー

汁は妻につくってもらいました。白だしベースでこれが激ウマー

うん、うどんもしこしこしていて、これはうまい!
ただし、量に関して言うと400gだとちょっと少ないかな?次回は500gとかにしてチャレンジしてみたいと思います。

意外と簡単だし、満足度高いのでもうちょい頻繁に作ってみようかな!


PAGE TOP