本命はGoruck GR1か?

物欲フツフツbackpack, goruck

物欲掃き出しシリーズ【リュック編】、第三弾で終わるはずがこの数日で4番目の候補を見つけてしまった!ぐはぁ!

アメリカ生まれのGoruck社がだすGR1というのにただ今物欲レーダーがビンビン反応しております。

そのGR1、どんなリュックなのか?軽くみていこう!

これが外観。ブラックは全てブラックなので、ゴチャゴチャしている感じもない

裁縫はすべてアメリカ国内というこだわり!こういう愛国心は他国といえど好き!

創業者が元ミリタリー出身ということもあり、すべての材質はミリタリーレベルの基準をクリアしているもよう。

ミリタリーレベルの材質を使っているので、アウトドアだろうがなんでもござれ。

本当にイラクなどの戦場でもつかわれていたようだぜ

表面は防水のCordura使っているので、こういう泥の中でもへっちゃら!
でも個人的にはこんなことしたくもないし、する計画も当然ない!

一応スーツにもあわせられるアピールをしていた。まあそもそも日本人がスーツしてグラサンしていたらシバかれますけどねw

当然PC収納用の場所もあります。

中のウチポケはメッシュになっているので、そういう使い勝手って特に黒のリュックにはいいよね。たいてい中のもの見えなくなるので。

本体側にはスリットがたくさんあって、こういう小物バッグを追加できるみたい。

まあこんだけ入れば十分だよな。rakeemはこんなブーツを持ち歩くことは100%ないので、この絵はあまり刺さらないけどw

ちなみにこのGoruck社。ほかにもGR1以外にリュックを販売しております。もうちょっと大きめのGR2、こぶりのEcho、などなど。興味ある人は下の比較一覧をご参考あれ。

Goruckが展開しているリュック一覧。GR1とGR2だと大きさが違うみたい。
個人的にはGR2はデイリーユースにはデカすぎるんで、GR1の21Lとかがいいかな。

いかがでしたでしょうか。

一般的なミリタリーテイストは、あまりにもミリタリー感が前面にでていてあまり好きではないのだが(特にビジネスカジュアルにあわないしね)、このGR1は機能はミリタリークラスながらも、デザインは比較的控えめで好印象。変なロゴのデザインとかもないスッキリ感がいいよね。

ロゴはない。でも、表面にあるベルクロは本来すきな旗などを装着できるものの、実は何もなければアメリカ国旗ぽくなtっているところにクラクラきてしまいますわ

お値段はちょっとお高めの$295。

でも、ここまでドヤ顔されているHeavy Dutyな品質だとありなのかもなー。もっと興味が出てきた方は是非公式の動画も御覧あれ!

あ、そういえばこのGoruck社。

リュックを背負って色々楽しもう!という謎な企画、その名も「The Goruck Challenge」をやっています。

その際に、重しをリュックに入れるという謎な条件を課されるようですwww

公式サイトではわざわざ重しまで売ってまっせwww

この超マゾな感じ!鉄板入れれることをアピールする当たり、完全に頭おかしいですwww

アメリカのみならず、4月には沖縄でも開催されるようなので、興味ある人はエントリしてみてはいかが?

公式サイトはこちらから!

http://www.goruck.com/


PAGE TOP