HP ENVY 32 32-inch Media Display with Bang and Olufsenを買った

レビューhp, spectre x360

さて、アメリカ生活。

生活も仕事もちょっとづつ落ち着きあるので、自宅の書斎となる仕事+趣味部屋において奮発して大き目のモニタを買っちゃいました。モデル名は「HP ENVY 32 32-inch Media Display with Bang and Olufsen」というこれまたクソ長い!

モデルの選定のときに譲れなかったのはQHD (2560 x 1440)であること。

基本的に繋ぐPCはSpectre X360なんだけど、それ自体がFull HD (1920×1080) なので、これと同じだとあまり使う意味ないのでね。とはいえ4Kは要らんし、QHDがドンピシャな解像度。

ちょこちょこ物色した結果、HPのこのモデルだとスピーカーもちょっとドヤ顔できるB&Oだったのと、値段も32インチ以上あるくせに400ドル台で買えるというお得感もあり、ポチったわけですよ!

使ってみた結果!

めっちゃ満足ですわ。

めっちゃでかいので、Youtube見ながらブラウジングとかがすげー快適。何枚か写真を撮ったので軽くみていこー!

ブラウザを横に並べてもここまでの領域を確保できるってのはマジ最高!

どうよ。片側半分にフルブラウザを開いても、もう半分はいかようにでも使えるこの広大なスペース。めっちゃ便利~!

ちなみにSpectre X360は、USBのドック経由でHDMIで接続。御覧の通り、本体を平らにして、キーボードはそのまま使ってます。ロジテックの外付けトラックパッドやBluetoothマウスも設置したけど、結果的にはSpectre自体についているトラックパッドで十分快適。

輝くBang & Olufsenのロゴ!でも大した音楽をここで再生するわけでもないので、あまりありがたみがあるわけでもないんだけどねー。

音に関しては、特段感動することは何一つなかったけれども、まあB&Oが名前を貸しているぐらいなのにで、いいはずw。ってレビューなのに確認もせずに、推測ってところが、このBlogのグダグダ感を出しているけれども、そもそもrakeemは音質はあまり分からない人なので、ここはブランド重視でしょ!www

ちなみにHPのマシンって昔はダサいイメージあったけど、元々Spectre X360のデザインで惚れたように、最近はほんとデザインがいいのねー。アップル製品はメディアでの登場や、世の中の広告でちょっとおなか一杯なので、その意味でこのhpのデザインはなんとなく新鮮でいいね。

裏面の実際にはこんな感じで、写真で見た目は分からないかもしれないけど結構プラスチッキーな感じですw。でもどうせ誰も裏見ないから、ぶっちゃけどうでもいいね。

ポート類。左から
・電源
・USB typeB
・USB
・USB
・オーディオ
奥には
・MHL
・HDML
・Display Port
と入力系統あり。仕事で使っているMacBook Proをつなげるために入力系統多め、とは思っていたけど実際仕事する際は面倒でつないでいないw。

ちなみにしょぼいけどリモコンも一応ある。
電源は連動するので、たまにボリュームを調整するのに使っている。

と、相変わらずしょーもないレビューでした。

PCではゲームしないし(そもそもそんなマシンパワーないしね)、応答速度とか全然気にしない。色の発色もどうせネットしかしないからどうでもいい。そんな人には32インチはちょっと贅沢過ぎるかもしれないけど、快適さを考えると「大きさは正義!」と痛感。

ちなみにこのモデル、残念ながら日本では売ってないみたいね。なので、アフィリエイトのリンクが張れないwww

とはいえ、もしモニタを検討されている人がいたら、お金はけちらずに、スペースの許す限り大きく、そして解像度の高いモニタを買おう!世の中アップルだけじゃないぜ!

 


PAGE TOP