kinzdのカーボンウォレットのレビュー

レビューcarbon, kinzd, 財布

以前もkinzdさんからレビュー用に商品を送っていただきましたが(参考)、今回も新たに「Slim Wallets for Men Carbon Fiber Wallet Vertical Style」を送って頂いたのでサクッとレビューしちゃいます!

Kinzd Slim Wallets for Men Carbon Fiber Wallet Vertical Style

今回、送ってもらったの商品の公式ページはこちら。

Slim Wallets for Men Carbon Fiber Wallet Credit Card Holder Vertical Style

kinzdさんについては過去の自分のエントリに書いてありますが、さくっとまとめると、、

===================

Kinzdは中国で2012年に創業されたレザー製品のブランドだそうです。高品質だけど、リーズナブルな値段というバランスを創業理念にしています。

かれこれ5年やっているとなると結構な老舗ですな!

どうやら皮製品のカッティング、縫製、といったすべての工程を自社工場で行っているようです。それを自社ブランドで売っているのはかなりの気合ですな!もしかしたらOEMとかもやっているのかもしれませんが、そこらへんは正直わかりません!www

ちなみに、ウェブサイトによれば、自社ロゴを入れたりすることもできるようなので、販促品とかにも良さげだね。レザー財布が1つ1000~2000円でできるのは結構ありなのでは?

ちなみにFacebookの公式ページもあるので、興味ある人は覗いてみてください。https://www.facebook.com/KinzdSlimWallet/

===================

というわけで、実際の商品をみていきましょー!

外観編

 

梱包された状態。
最低限の梱包だけど、値段が値段だから、逆にしっかりしているという風に捉えられるかも。

取り出したところ。
カーボンの板2枚
黒のゴムバンド×1
ブルーのゴムバンド×2
赤のゴムバンド×1
が入っている!

ゴムバンドの予備があるのは嬉しいよね。気分転換に色を変えるのもありだし、万が一使ってゴムがゆるくなっても焦ることないしね。

分解すると、本体はこんな感じ。
カーボンの板は2枚あって、何かしらの仕組みがあるとかではなく、本当にただの「板」。

まあ、これ以上の仕組みが必要ではないのは明らかだけど構造は至ってシンプル。

横から見たところ。
横から写真をとるためにかみあわせたけど、こんな使い方は基本はありませんw。

正直、思ったより板自体は比較的厚め。で、弾力性はないので、おりまがることはほとんどない。あんまりやると割れると思う。もちろん重さは軽いけれど、この厚みは好みが別れるかな?

実際にカードをいれたところ。

カードの枚数はかなり入る。ゴムバンドが適度な強さだから、伸縮の範囲ないであれば、バシバシ入る。

取り出しは両サイドから可能。
でも、結構きついのと、それ以上に取り出す際に「つまむ」ところがないので、取り出しづらい。。

カードは大量に入るけれど、その分ゴムがどんどんきつくなるので、実際には10枚もいかない程度が限界かと。。

そして上記にも書いたけど、一番の問題は、「取り出しづらい」というのがある。。。カードを使うために取り出す際に、つまむところがないので、力が入りづらい上に、取り出すと「束」でとりだすことになるので、自分の目的のカードを選んでから取り出すなんて使い方はできない。。あくまでも

  1. ドガッと全部のカードを引っ張り出し、、、(この時点で親指にかなり負荷あり)
  2. 全部のカードを財布の外に出してから、その束の中から自分の目的のカードをなんとか探す

というステップなのだが、注目スべきなのは#2の時点でカードがほぼ全部財布の外に出ているということ・・・。なぜならカードを半分ほど財布の中に入れた状態で探すのは、ゴムが強くてかなり至難の業。なので全部出すという作業になってしまう。。正直、、これは使いづらい。。

あと、お札はどうなんだっけ?というところに関していうと、、

お札も一応対応している。
こうやって3つ折にして挟めばまとめてもちあるける!

と、なんとお札が外にむき出しになっているのである!

うーん、これは流石にいやだなあ。。。

まとめ

というわけで以下の致命的な二点があるこの商品。

  1. カードが取り出しづらい
  2. お札が外にむき出し

正直、お財布としてはかなり致命的ではあるだけど、逆に最大のメリットとしてあるのはその収納力。

たくさんのカードが入るのは、便利ではあるので、自宅に眠っている大量のカードをまとめて保管する、結束バンドみたいな使い方に落ち付くことに。。

というわけでkindzさんには悪いけど、これが日々使う財布にはなりませんでした。。

でも、安くて、特徴の財布をたくさんkindzさんは取り揃えているので、財布を探している方は是非のぞいてみてください!


PAGE TOP