surface pro3

Surface Pro3

未分類surface, surface pro3, windows8

ついに発表されたSurfaceの後継機種。その名もSurface Pro3。

今回のも相変わらずいい出来だねー。やはりSurfaceは世の中の関心が高いのか、GoogleAnalyticsを眺めていると以前のMSが出したブラフTweetの際のエントリであるSurface3?って記事が常に毎月数百もVisitを稼いでいる。。。みんなあんなクソみたいな情報しか載せてなくてごめんねw

Surface Pro3

パッと見、そんなかっこよくないが、液晶テレビと同じでこれだけ薄くなるとデザインの差別化って大変だよね

さて、今回のSurface Pro3。今までのSurface Pro→Surface Pro2というのがマイナーチェンジだとしたら、今回のフルモデルチェンジ。主な変更点としては

  • 液晶パネルサイズが10.6インチから12インチへ
  • 縦横比を16:9から3:2へ
  • 画面解像度も1920×1080画素から2160×1440画素へ
  • キックスタンドが固定角度から無断階へ
  • ってところかな。個人的には画面がちょっとでかすぎる気がするけど、縦横比が3:2になったのは地味に嬉しいかも。一時、姉のSurfaceRTを借りている時期があったのだが、ポートレードモードだと縦長すぎて使いづらいんだよね。その意味では普通のPCに近くなったのは正解だと思う。

    キックスタンドは個人としてそこまで既存のキックスタンドを使い込んだことないから評価しづらいが、CMとかでもやってた「カチッ」ってのはちょっと好きだったから残念。

    もちろん他にSurfaceProとして変わっていないこともたくさんある。1つはVaporMagの外装。相変わらずこの外装はかっこいいよなー。TheVergeの記事とか読んでいても絶賛しているし、Surfaceシリーズはこういうクオリティに安心感がある。さらにはペン。今回はOneNoteと連動が高くなっているみたいだし、ついに電子ノートとして実用性のあるものとなりえたのか?ペン入力は次買うTabletには必須と考えていたから益々物欲が刺激されるんだよねー。

    Surface Pro3

    カチッが無くなったのは残念じゃー

    ただ、家のMainはすでにMacBookPro13があるし、会社のPCではThinkpad X1 Carbonが活躍しているし、このサイズのTabletを買ったとしても今の自分のどの環境で使うのか?という回答を用意しないといけない(誰のために?w)

    家でSurfaceとTypeCoverという組み合わせでは、結局きちんとしたキーボードのあるMacBookProを快適性の観点から超えれるわけ無いだろうな。。。ってなわけで家のメインマシンの座はさすがに奪えないかと。

    家でのLightUsageとしてどうだろう、、、と考えた時に結局今使っているのQH55/Jが「防水」という圧倒的な差別要素を持っているので超えられない気がする。。。

    読書用に小型のAndroidタブレットであるKobo arcももっているが、むしろ電池持ちの良い白黒のリーダーが欲しいと思っていたぐらいだから12インチのTabletは明らかに読書の用途には使えない。。

    ペン機能を活かして仕事用のサブPCとしてはどうかな??というのが本命になりえる理由だけど、問題はうちの会社はメール受信するのにVPN接続が必須なExchange環境なわけで、間違いなくBYODではVPNにつながらせてくれない。ってなわけで会社のメールが読めない時点で、会社のサブPCになりえるのか?というのがちょっと疑問。。。

    ってなわけで、これを書きながら物欲がMAXに上がってきたわけなんだけど、やっぱり今の自分にはあまり活躍する用途はなさそうだよなー。でも一番下のCore i3の端末だと800€で買える。。。8万円という感覚で買えば(実際は12万円相当な為替レートだけど、住んでいると感覚的には1€が100円で判断している)意外に安い気もする。。。

    あー、早く実物が見たい!

    ちなみに新しいCMのクリエイティブはなんだかかっこいい系を目指しているが。。。

    実はこっちのノリノリのほうが好きだったりする。この無意味なテンションの高さがたまらないw


    PAGE TOP