Code10バックパックのレビュー

レビューbag, code10

Kickstarterで見つけて一目ぼれ。rakeem初のロールトップ型のリュックなり。つくりもしっかりしているし、これからこいつがメインのリュックになることを考えるとワカチコしてまう!
ブランド Code10
商品名 Code10
購入場所 Kickstarter
購入時期 2016年10月にPledge → 12月に到着
金額 £74

以前のエントリで取り上げたCode10のバッグがついに到着!Kickstarter状ではクリスマスに間に合うとうたっていたが、実際には残念ながらクリスマスではなく、12月27日に届いた。まあクラウドファンディングの特性を考えると全然許容範囲でしょう。

とはいえ、そもそもCode10のことを知らない人のためにCode10のリュックをざっくりと紹介!

Code10とは?

まずは、以前も紹介したこの動画を見れば百聞は一見に如かず!ということでどうぞ!

防水、盗難防止機能、テック系のスリーブ搭載、と色々とシズル感が満載なワードがついて、なんとお値段が1万強というリーズナブル感がrakeemの物欲をドストライクでとらえました。Kickstarterというクラウドファンディングの特性上、買ってからすぐに届かなかったんだけど、その待ち時間もこれまた楽しみの一つ(前向きw)!

それがやっとこさ届いたので、おそらく日本語のレビューでは最速!?で届けていきやしょう!

届いたところから

梱包は普通。以外にコンパクトでちょっとびっくり。

同梱物!
本体、スリーブ、パスポートケース、マイクロUSBケーブル、ボトル、と盛りだくさん。すごいお買い得感が高い!

ちなみにマイクロUSBケーブルとボトルはKickstarterの特別おまけなので、おそらくこれから買っても付属してこないと思う。ぐへへ、いいだろー。でも、スリーブとパスポートケースはついてくるもよう。

本体を見てみる

たたせてみたところ。
ちなみにカバンの後ろに写っているのは息子で、黒子としてカバンをおさえてもらいましたw

どーよ、かっこよくない?このかばんに一目ぼれして間違いなかった!と思える代物です。

背面。パッドもちゃんとあって背負うと快適。

ちなみに生地は防水、ということもあって、おそらく表面に加工している関係でちょっと固い感じ。マッキントッシュのレインコートみたいな感じか。

腰にあたるパッドにはシークレットポケットが。大事なものはここに隠しておこう!

左腕にのストラップにはカードを一枚差し込めるスリットがある。電車の切符などには便利だろうけど、よくもわるくもジップとかベルクロもないので、落とす心配がある。。

本体自体の中にも収納ポケットが搭載。これは当初は無い予定だったんだけど、KickstarterのBackerの声によって搭載されました。こういうのもいいよね、クラウドファンディング。

ショルダーにはリフレクターも。ステッチがライムグリーンなのはちょっと好きではないけど、ま、しゃーないねー

底面はきちんと補強してある。ザラザラしている紙やすりみたいな材質。これならシミとかつくこともない!こういうの細かいディテールが大好きですー!

rakeemが背負ってみたところ。身長170cmの体重は秘密ですw

カバンの締め方

ロールトップは普通に左右のバックルを止めることもできるけど、、、

左右を直接止めることもできる!この場合はこの止めた部分自体がグリップにもなるね。

スリーブ

本体自体にはそこまでポケットなどの収納がない代わりに、Code10はスリーブにその機能をもたせたのだ。スリーブだけでも使えるぐらい、普通によくできています。

今回はLenovo T460Sを入れてみた。さらに手間の右にはMoleskinのノートも入れています。

収納スペースでいうと

  1. PCスリーブ
  2. 手前のポケット 左 (いまペンがはいっているところ)
  3. 手前のポケット 右 (いまMolesikinがはいっているところ)
  4. メッシュ状のジップ付き収納

となります。なので、スペースとしては大容量!とはいえないけど、日々の収納には十分かな?

上からみると、Molesikinサイズのノートだと、ちょうど隠れてしまっているのが分かる。なので、個人的にはもうちょい浅いほうが助かるけど、こればっかりは人それぞれのおなじ千差万別だからね

スリーブの深さをみるために、13インチのマックブックをいれたところ。同じくちょうど隠れるぐらい。

小さくだけどロゴもある。左右にあるゴムバンドはペンのクリップ付けたりと、工夫次第で色々できそう。

ハンドル部分もネオプレーン素材できちんと補強してある。ディテールもしっかりとしていて好感触!

裏側にはリュック本体に固定するためのベルクロがついているちなみに裏はそれ以外何もない。

ロック

ショルダーの付け根にちょっとした収納があり、、

なんとロックが入っている!

ロックの紐を伸ばしたところ。ポールとかに結び付ければ、盗難防止の抑止力はあるはず!
いかんせんロックが3桁しかないので、開錠するのには10分もあればできてしまうので、あくまでも抑止力のみ期待しよう。

ロックのあわせかた

パスポートケース

表面は同じ防水加工の生地を使って、ロゴのエンボスまであるぜよ。

パスポートケースを開けたところ。まあ普通。ちなみにRFID防止なので、カードなどのNFC的なデータを盗み取れらる危険性は排除されている!

片側にはスリットもありまっせー

なんと、無駄にジップは防水仕様!結構金かけてるよねー

その他

別途ショルダーストラップも入っているので、肩掛けスタイルもできる。とはいえあまり使わないかな。。

なんと、NFCが埋め込まれたLostラゲッジ用のタグまで入っている!これはTUMI並の気合が入っているねー

結論

とりあえずものが届いたばかりなので、日常的にがっつり使ってみたわけではないので、総評をつけるのにはちょっと早いかもしれないけど、いまのところクオリティ的には大満足ですわ!

恐らくこれから使ってみてちょっと不満になると思われるのは「表面からアクセスできるポケットが少ない」ことかな。表にあるポケットと、腰の部分にあるシークレットポケットぐらいしかない。これは「防水」という機能を実現するために仕方のないことだったのかもしれないけれど、、日常的にどうでることやら・・。

年始からこいつが通勤のメインのカバンとして活躍していくので、これからが楽しみだ!

これを読んでほしくなった方、どうやら今はPre Orderしか受け付けていないのかもしれないけど是非公式サイトをみておこう!

https://code10bags.com/

====追記====

Code10関係のレビューが今のPVの稼ぎ頭ですが、別途使ってみて1か月後のレビューとかもかいているので、興味ある人は他のCode10ページもどうぞー!

http://rakeem.jp/tag/code10/


PAGE TOP